一戸建てづくりは早期工夫で建てる注文住宅がベター

Fukushima construction

購入する前に

費用の話

住宅の購入価格を見ると安くて魅力のある住宅ですが購入する際にはしっかりと特徴を把握して購入する必要があるのです。 ローコスト住宅は購入時の金額は安いですが生涯のトータル維持管理費用を考えると一概に安いとは言えない場合もあるのです。自社製品を使用していたり専用の部品を使用してコストを抑えている企業もあります。そのような部品が故障した際にはホームセンターなどの汎用品が使用できず毎回建築業者に修理を依頼する必要があるなど維持費用が高くなることも考えられます。さらに使用している材料によっては通常よりも劣化が早く交換サイクルが早いなど費用が掛かる場合もあるのです。

安く住宅を手に入れるためには

ローコスト住宅の特徴として総二階、四角い家が多いといえます。というのは家の形を凸凹させなければ使用する材料を節約することができるのでコストを抑えることもできるのです。さらにローコスト住宅を販売するメーカーの中にはその中に必要最低限の設備しか搭載しておらずより機能性や利便性を追求した家づくりをした場合追加費用が通常より高額になるのです。場合によっては居住する場合必要な設備も標準でついていない場合もあるのです。こうした追加をすると結局ほかの建築会社と変わらないくらいの金額になることもあるのです。 その会社がなぜローコスト住宅の提供が実現できているかというからくりの説明を求めることが大切です。そのうえで生涯をトータルプランニングすることでより安くてよい買い物ができるのです。

↑ PAGE TOP