一戸建てづくりは早期工夫で建てる注文住宅がベター

Fukushima construction

建築会社と相談

住宅を設計するむずかしさ

注文住宅は施主の要望を反映させることができる建築方法です。ですから多くの人は注文住宅で設計すれば自分たちの理想の住宅が手に入ると思っています。しかし注文住宅というのは良い意味でも悪い意味でも注文した施主の責任なのです。 こうした注文住宅の設計においては専門の知識を持った建築士など建築会社の担当者と施主で設計を行います。しかしすべてを自分たちで一から作り上げる場合施主の要望だけでは効率の良い快適な家を作ることができない場合もあるのです。 たとえば吹き抜けです。狭小地など限られた敷地面積に住宅を建築する際によく用いられる建築手法です。空間を広く演出することができます。明り取りなどにも用いられます。しかし上手に設計しなければエアコン効率が非常に悪くなってしまうのです。冬場の暖房は暖められた空気が上へ上へと逃げていきます。吹き抜けがあるといつまでたっても部屋が暖まらないということが発生してしまいます。 このようにそこで生活をする上で快適な間取りと見せるための間取りは異なります。こうした提案をしっかり行ってくれる建築会社を見つける必要があるのです。

担当者との相性の重要性

注文住宅を専門に扱っている設計事務所では一から顧客のニーズに合わせて聞き取りを行ったうえで設計を行います。しかしその設計を行う建築士には一人一人得意としている材料や空間の演出の仕方などこだわりがある場合も少なくありません。ですから顧客のニーズを聞き取りしたうえで提案される住宅も同じ建築士がデザインしている場合は似ていることも少なくないのです。更にこうした建築士はオリジナリティやこだわりの強い人も多く顧客の要望を必ずしもすべて反映してもらえるとは限りません。中には建築士の意見が強い設計となる場合もあるのです。しかしほとんど家づくりが分からないけど漠然としたイメージを持っている人にとってはこうした建築士のほうがあっているケースもあります。担当者のセンスや担当者との相性というのは家づくりにはとても重要な要素です。今担当してくれている設計士や営業担当から住宅を購入したいかという問いに配と答えられない場合は少し冷静になり住宅建築を考える必要があります。

↑ PAGE TOP